• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 企業・家計・経済」のクイズ
  3. シンガポールでは所持が禁止されている「ガム」。2020年、日本におけるガムの売上はいくらでしょう?ちなみに2010年は1,540億円でした。

シンガポールでは所持が禁止されている「ガム」。2020年、日本におけるガムの売上はいくらでしょう?ちなみに2010年は1,540億円でした。

-
企業・家計・経済
公開日 2021年11月11日

解説

2020年、日本におけるガムの売上は755億円でした。



2010年は1,540億円、つまりこの10年間におけるガムの売上は2分の1までに減少してしまったのです。
しかし実はこの「ガム離れ」は日本だけではなく、チューインガムの消費量が世界最大のアメリカ合衆国でも起きている現象なんだそうです。

何故なのか?

米国の場合
2017年のこの記事(https://www.foodandwine.com/news/gum-sales-decline)では"No One Knows Why"と匙を投げてしまっています。

コロナウィルスの影響はソーシャルディスタンスとマスクのせいで、ブレスケア需要が減った為ガムの売上も下がった(https://www.businessinsider.com/hershey-mint-gum-sales-down-because-of-social-distancing-and-masks-2021-2)と報じられましたが、その後マスク規制緩和で需要が戻ったという話も(https://www.fooddive.com/news/chewing-gum-sales-see-post-pandemic-bump/602905/)。ただしこの記事で挙げられているTridentの事例はむしろパッケージングの工夫の成功なのでパンデミックの影響とは関係なさそう。

日本の場合
こんな記事(https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1404/11/news007.html)もあって、ここでは「ガムが売れなくなってしまったのは、スマートフォンの普及」が原因という説を挙げています。
ガム離れが最も顕著といわれるのが若者で、彼らが暇つぶしとしてガムを噛んでいた時間をスマートフォンで代替することが出来るようになったからだそうです。
根拠となるデータ・ソースが書かれておらず真偽の程は不明ですが、面白い説すね。

皆さんはどう思いますか?  

答え

A: 755億円

出典

このクイズの関連キーワード
  • # お菓子