• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 社会保障・衛生」のクイズ
  3. 2018年4月から新たに法令化された「介護医療院」。その設立数が2021年6月時点で最も多い都道府県はどこでしょう?

2018年4月から新たに法令化された「介護医療院」。その設立数が2021年6月時点で最も多い都道府県はどこでしょう?

-
社会保障・衛生
公開日 2021年10月27日

解説

2018年4月から新たに法令化された「介護医療院」の設立数が2021年6月時点で最も多い都道府県は福岡県でした。



「介護医療院」とは、2017年度末に廃止された「介護療養型医療施設」に代わり、日常的な医学管理から看取りやターミナルケアまでの医療機能と生活施設としての機能を兼ね備えた施設です。2018年4月、第7期介護保険事業計画に則り、新たに法令化されました。

介護療養型医療施設の経過措置期間は2023年度末までとされており、請求事業所数や、受給者数、費用額は年々減少しています。2018年4月に47,156床あった病床数も、2020年4月には19,955床となり、約2万7,000床減少しました。

また、この病床の主な移行先は介護医療院となっていますが、今後、2023年度末までに介護医療院への移行を予定している病床数は49.2%で、半数以下の数値が予定されています。反対に、経過措置期間が終了しても介護療養型医療施設に留まる予定の病床は12.2%となっています。

介護療養型医療施設の経過措置期間が迫っているため、介護医療院への移行に必要な情報について、厚生労働省は介護医療院の公式ホームページを作成するなど情報の提供を行っています。

答え

D: 福岡県

出典

このクイズの関連キーワード
  • # 都道府県
  • # 医療