• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 司法・安全・環境」のクイズ
  3. 年々巧妙な手口が使われるようになっている特殊詐欺。2020年に架空料金請求詐欺の件数が最も多かった都道府県はどこでしょう?

年々巧妙な手口が使われるようになっている特殊詐欺。2020年に架空料金請求詐欺の件数が最も多かった都道府県はどこでしょう?

-
司法・安全・環境
公開日 2021年11月11日

解説

2020年に架空料金請求詐欺の認知件数が最も多かったのは兵庫県でした(認知件数:警察に発生が認知された件数)。

2020年の東京都の架空料金請求詐欺の認知件数は159件。兵庫県はそれを遥かに超え217件、次いで、大阪府が210件でした。

認知件数は兵庫県が最も多いですが、認知被害額は大阪府の9億7,759万円が最も多く、東京都5億7,348万円、神奈川県5億3,856万円に続いて、兵庫県は4億9,053万円となっています。



さてトイコタチームとして、注目して頂きたいのがこのトイのソースとなった警察庁のWEBサイト(警察庁・SOS47特殊詐欺対策ページ 出典参照)。統計データのプレゼンテーションとして秀逸な事例と思いますので、ぜひご覧ください。

答え

C: 兵庫県

出典

このクイズの関連キーワード
  • # 都道府県