• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 国土・気象」のクイズ
  3. 「平成の大合併」により大幅に減少した「村」ですが、2021年現在、「村」数が最多の都道府県はどこでしょう?

「平成の大合併」により大幅に減少した「村」ですが、2021年現在、「村」数が最多の都道府県はどこでしょう?

-
国土・気象
公開日 2021年10月13日

解説

正解は長野県でした。結果は以下の通りです。

1位 長野県 35村
2位 沖縄県 19村
3位 北海道 15村
3位 福島県 15村
5位 奈良県 12村




長野県は平成の大合併以前でも47都道府県の中で一番村の数が多い67村でした。
現在もなお長野県において村の数が多い理由として長野県特有の地形があります。
日本アルプスの中心に位置する長野県は中山間地域が多く、隣の町が山を隔てた向こう側なんてこともしばしばなのだそうです。そのため、合併することが効果的とは考えられにくかったのだそうです。

私の周りの長野県民は村出身が多く、何故?と思ったのですが、そういうバッググラウンドがあったんですね。

余談ですが、町と村の違いは各都道府県の条例によって異なるそうですが、条件を満たすものを町、満たさないものを村と定義しているようです。

答え

C: 長野県

出典

総務省 市町村合併資料集
https://www.soumu.go.jp/gapei/gapei.html

このクイズの関連キーワード
  • # 都道府県