• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 司法・安全・環境」のクイズ
  3. 令和2年において、警視庁に届けられた現金は総額いくらでしょうか?

令和2年において、警視庁に届けられた現金は総額いくらでしょうか?

-
司法・安全・環境
公開日 2021年09月24日

解説

警視庁管轄である東京都での拾得現金は、令和2年(2020年)末日で33億円。前年に比べ14.8%の減少でした。
恐らくはコロナの影響により人出が減ったことで、遺失物も減少したと思われます。
実際、現金以外の拾得物品点数も32.8%の大幅な減少となりました。

この10年の拾得現金額の推移を見てみると、遺失届金額も拾得金額も、ともに令和1年(2019年)まで漸増していました。ところが面白い事に、遺失届があった額に対する拾得金額、即ち落とし物として届けられた金額の率も、年々増加していました。
令和2年(2020年)に至っては50%を超えていました。落とし物とし届けた金額の半分以上が、拾われて届けられていた訳ですね。また拾得額の7割は、遺失者に返還されていました。

答え

C: 約33億円

出典

警視庁 遺失物取扱状況