• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 企業・家計・経済」のクイズ
  3. 今まで実施した自社株買いの総額が一番多額の企業は次のうちどれでしょう?※2021年11月末時点

今まで実施した自社株買いの総額が一番多額の企業は次のうちどれでしょう?※2021年11月末時点

-
企業・家計・経済
公開日 2021年12月22日

ヒント!

ちょっと古いけど・・Find your own donut!

解説

自社株買いが解禁された2001年10月~直近の2021年11月末時点で、一番多額の自社株買いを行った企業はトヨタ自動車で、金額は5兆7,354億円でした。 ちなみに、今年度(2021年4月~11月末時点)で一番多額の自社株買いを行った企業は、ソフトバンクグループで、金額は5,110億円となっております。なお、ソフトバンクグループは直近2兆円規模の自社株買いを行う予定と発表しており、市場で注目されています。 自社株買いですが、2015年6月のコーポレートガバナンスコード施行に伴い、株主還元を目的として注目が高まった施策です。 なお、自社株の活用方法としては、「取得」「処分」「消却」の3つがあります。

追いトイ

自社株を用いた施策の特徴

自己株式の取得(自社株買い)

自己株式の処分

  • 自社株を売却し、資金調達やM&A資金へ活用します。
  • 近年では、譲渡制限付株式報酬などにも用いられます。

自己株式の消却

  • 自社株を消滅させることにより発行済株式数が減るため、一株利益が向上します。
  • 自社株買いとセットで行われるケースもあります。

金庫株?

今でこそ、自社株買いという言葉が株主還元施策の一つの方法として、定着した用語になっておりますが、正式名称は、「自己株式取得」であり、自己株式というワードもかつては「金庫株」という言葉が使われることが多かったです。
今でも「金庫株」という言葉を使ってしまう方は、結構ベテランの方かもしれませんね。

以下リンクより、アイ・エヌ情報センターが公表している、
最新の「自社株買いレポート」が閲覧できます。よろしければご覧ください。

自社株買いレポート

※12月号は12月21日(火)に公開しました!

答え

D: トヨタ自動車

出典

「各種開示資料からアイ・エヌ情報センターまとめ」

このクイズの関連キーワード
  • # 企業
  • # ビジネス