• トップ

テーマ

その他

フォロー
  1. トップ
  2. 国土・気象」のクイズ
  3. 日本で1番面積の大きな市区町村は岐阜県高山市ですが、これはある都道府県の面積にほぼ等しい大きさです。それはどこでしょう?

日本で1番面積の大きな市区町村は岐阜県高山市ですが、これはある都道府県の面積にほぼ等しい大きさです。それはどこでしょう?

-
国土・気象
公開日 2021年09月17日

ヒント!

  • 大きい順に並べると、沖縄、東京、大阪、香川になります。

解説

日本で1番面積の大きな市区町村は岐阜県高山市ですが、その値は、東京都の面積とほぼ同じです。
※令和3年(2021年)4月1日時点

岐阜県高山市の面積は2,177.61平方km、対して東京都の面積は2,194.05平方kmなので、東京都の中に高山市がピッタリ収まります。

その他の都道府県の面積は以下の通りです。

  1. 香川県(最小面積) 1,876.92平方km
  2. 大阪府 1,905.32平方km
  3. 沖縄県 2,282.54平方km


ちなみに岐阜県高山市が全国で1番大きな市区町村になったのは、2005年に近隣9町村と合併を行ったからです。(平成の市町村合併)

答え

C: 東京都

出典

国土地理院「全国都道府県市区町村別面積調」

このクイズの関連キーワード