• トップ

テーマ

その他

フォロー
  1. トップ
  2. 企業・家計・経済」のクイズ
  3. 2014年、中華料理屋で働く人の比率が最も多い市区町村は次のどの都道府県にあるでしょう?

2014年、中華料理屋で働く人の比率が最も多い市区町村は次のどの都道府県にあるでしょう?

-
企業・家計・経済
公開日 2021年07月26日
データダウンロード可

ヒント!

  • そりゃもう、あそこっきゃないでしょう
  • 実は戦後に作られた街だったりしますが

解説

中華料理屋で働く人の比率が最も多い市区町村がある都道府県は神奈川県でした。 ※経済センサス 2014年

追いトイ

中華料理屋で働く人の比率が多い市区町村トップ5

  • 17.11 神奈川県 横浜市 中区
  • 14.37 福島県 石川郡 浅川町
  • 14.28 群馬県 吾妻郡 草津町
  • 12.93 東京都 八丈支庁 八丈町
  • 12.08 福島県 白河市

(昼間人口1万人当たり)

答え

B: 神奈川

出典

経済センサス

近年の経済構造の変化等に対応するため、政府全体として取りまとめられた「経済財政運営と構造改革に関する基本方針 2005」において提言された「経済センサス」は、主に事業所数や従業員数などの基本項目に焦点を充てた「基礎調査」と、売上(収入)金額や費用などの経理項目の把握に努めた「活動調査」の2種からなっています。

このクイズの関連キーワード