• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 商業・サービス業」のクイズ
  3. 香川の「讃岐うどん」や岩手の「わんこそば」等、日本には有名なうどん・そばが多数存在します。人口あたりのそば・うどん店の店舗数が最も多い市区町村はどこでしょう?

香川の「讃岐うどん」や岩手の「わんこそば」等、日本には有名なうどん・そばが多数存在します。人口あたりのそば・うどん店の店舗数が最も多い市区町村はどこでしょう?

-
商業・サービス業
公開日 2021年09月16日
データダウンロード可

解説

結果は以下の通りです。(昼間人口1万人当たりの店舗数)

1位 群馬県吾妻郡草津町(35.7店舗)
2位 埼玉県秩父郡長瀞町(30.2店舗)
3位 福島県南会津郡下郷町(26.3店舗)

草津、下郷(湯野上温泉)が温泉町、長瀞はご存知川下りで有名な観光スポットですね。
ただし、草津と長瀞は、ご当地ならではの名物そば・うどんがある訳ではありません(名店はありますが)。
むしろ様々な個性的なお店が競う町。
一方下郷町は、ねぎ一本まるまる入っている「ネギそば」(高遠そば)が有名です。

そのほか上位には箱根(22.4店舗)や日光(15.2店舗)等、観光地として有名な場所に集中しているようです。

確かに大きな寺社仏閣の近隣にはうどん・そばのお店があるイメージは強いです。

答え

A: 群馬県 草津町

出典

人口の統計は国勢調査

日本に住むすべての人と世帯を調査対象(全数調査)とする国の最も重要な統計調査。5年ごとに実施される。例えば2015年調査は10月1日時点の人口・世帯が調査され、
・速報が翌2016年2月下旬、
・人口等基本集計が2016年10月下旬、
・就業状態等基本集計が2017年2月~4月に、
・従業地・通学地による人口・就業状態等集計が2017年12月中旬
・・・
という具合に様々な集計方法で長期に渡って公表される。

件数の統計は経済センサス

近年の経済構造の変化等に対応するため、政府全体として取りまとめられた「経済財政運営と構造改革に関する基本方針 2005」において提言された「経済センサス」は、主に事業所数や従業員数などの基本項目に焦点を充てた「基礎調査」と、売上(収入)金額や費用などの経理項目の把握に努めた「活動調査」の2種からなっています。

このクイズの関連キーワード