• トップ

テーマ

その他

フォロー
  1. トップ
  2. 商業・サービス業」のクイズ
  3. 平成8年(1996年)の3,483億本を境に販売数量が減少傾向にある紙巻たばこ。令和元年(2019年)時点で紙巻たばこの販売数量はどのくらいでしょう?

平成8年(1996年)の3,483億本を境に販売数量が減少傾向にある紙巻たばこ。令和元年(2019年)時点で紙巻たばこの販売数量はどのくらいでしょう?

-
商業・サービス業
公開日 2021年10月12日

ヒント!

  • 前年比9%の減でした。

解説

平成8年(1996年)の3,483億本を境に販売数量が減少傾向にある紙巻たばこですが、令和元年(2019年)時点で紙巻たばこの販売数量は、1,181億本でした。 喫煙習慣率は男女ともに年々減少傾向にあり、平成元年(1989年)と令和元年(2019年)を比較すると男性平均で55.3%から27.1%、女性平均で9.4%から7.6%となっています。 そんな紙巻たばこですが、たびたびの増税により、販売本数がピーク時の三分の一にまで落ち込んでいるにも関わらず、国・地方の税収を合わせると約2兆円とほぼ横ばいの状態が続いています。

追いトイ

  • グラフ

グラフ


答え

D: 1,181億本

出典

このクイズの関連キーワード