• トップ

テーマ

その他

お問い合わせ
フォロー
  1. トップ
  2. 企業・家計・経済」のクイズ
  3. 2020年、新型コロナウイルスの影響で売上が減少した業界が多かったのですが、逆に前年よりも売上が伸びた業界はどれでしょう?

2020年、新型コロナウイルスの影響で売上が減少した業界が多かったのですが、逆に前年よりも売上が伸びた業界はどれでしょう?

-
企業・家計・経済
公開日 2021年11月03日
データダウンロード可

解説

2020年、新型コロナウイルスの影響で売上が減少した業界が多い中、逆に前年よりも売上が伸びた業界は学習塾でした。

新型コロナウイルスの感染拡大によって対面授業が出来ず困難な時期もありましたが、実は様々な要因によって商機に転じていたようです。

第一には需要の増大
2020年度文科省学校基本調査によれば大学・短大進学率は、58.6%で過去最高となりました。
その背景には、コロナウィルス感染拡大の影響で、高卒の就職が困難であったことも大きく影響していたようでした。この結果進学のための需要が増えていたようです。

また、学校の授業が満足になされていないことから、学習塾での補完需要が増大したこともあるようです。

第二には人材の調達しやすさ
また一時は休業状態に陥りかけたところ、オンライン授業に転じたところから回復に転じた学習塾にとって好都合だったことは、大量に必要となる講師として、大学生を採用しやすくなっていたことでした。一般のアルバイトが困難な状態でもオンラインでのバイトは問題ありません。おまけに彼ら大学生はすでにオンライン授業を大学で経験済だった訳です。

その結果、学習塾の従業員数は大幅に増え、特に非常勤講師は前年比36%の増加となりました。



こうして、正しく危機を商機に変えて、この結果が齎されたという事のようでした。

参考:
新型コロナ: コロナ禍で高卒採用難しく、学校訪問できず 人材確保に懸念: 日本経済新聞 (nikkei.com)
高卒の求人数2割減、コロナの影響深刻 21年春卒業予定: 日本経済新聞 (nikkei.com)
新型コロナ: 雇用難、非正規・若者に集中 格差固定化も: 日本経済新聞 (nikkei.com)
大学進学率が過去最高、背景にコロナ禍 福井県、職業系学科で目立つ進路変更 | 経済,学校・教育 | 福井のニュース | 福井新聞ONLINE (fukuishimbun.co.jp)
競争率は上がる?コロナ鍋での大学院進学を考える|Atakts|note
大学・短大進学率58.6%で過去最高、文科省の学校基本調査 | リセマム (resemom.jp)

答え

D: 学習塾

出典

特定サービス産業動態調査

このクイズの関連キーワード
  • # コロナ